3回目の食育フェアー

今年も食育フェアーに参加する事3回目もう慣れてもいいはずなのに、二人の感を合わせても道に迷う事たびたび、歩く事も、疲れも人の2倍もいやそれ以上にかかったやっぱりの珍道中でした。
昨年末から準備やワークショップの段取りを東京のローカルジャンクションや、金沢の支援してくれている方たちとメールでやり取りしながら、鍋、にゅー麺、おにぎりを作ってだします。珠洲の味を知ってもらうためわたえさんと役割分担し検討を重ねながらたくさんの荷物を持ち乗り込みました。会場へ着いたときはもう先に送った荷物は開けられ、ブース一杯に珠洲の特産品も並べられています。ワークショップは自分でも普段どうりはなすことが出来たのも、横で和やかに珠洲を紹介し進めてくださったLJ21の方たちのサポートのお陰でした、会場からはいろんな質問も出て、戸惑った場面もありましたが、「珠洲へ行きたくなりました、泊まってみたくなりました」といって頂いた時は参加してよかった!と喜びました。そして終わった後いしるや梅、塩、あごだしはどんどん売れていきました
物販のほうでは、「昨年も買っていったよ、珠洲のいい商品に注目している」というお客さんもまたかってくれました。
「あごだしは私たちがこだわって作って持ってきています」という声に耳を傾けてくれた方、「私は大手のスーパーをやっているがこれからはこのような品物が売れていく時代だ、頑張んなさい」とあごだしを買ってくれ、画像画像

                                                             
                                                                                                                           帰りは手を上げて去って行かれました。しいたけ小屋に泊まってくれたお客さんにも再会する事が出来,息子夫婦も駆けつけてくれました。また懇親会では人のネットワークのすごさを実感した交流会でした。帰ってみれば新聞に載っていて、楽しさを味わいながら少しは責務を果たした思いをしている今日です
(小泉首相と竹部幹事長が入ってきておすなおすなの人、人目みたいとインタビューの場所へ行ったがガードがきつく遠くから後ろ頭しか見えず終いの一枚です)
支援していただいた皆様ありがとうございました

この記事へのコメント

ふるた
2006年01月18日 12:20
先日の食育フェアーで、ワークショップに参加したものです。
『あごだし』も『いしる』も初めて口にするものでした。
煮干と違って、臭みが少なく、やわらかい味が新鮮でした。作ってくださったお二方の雰囲気そのままの、やさしい、まあーるい味でとても美味しかったです。
知人に『珠洲市のワークショップに参加した』とだけメールしたら、『いしるを味わいましたか?』と返信が。
有名なんですね。勉強不足でした(^^ゞ
参加した友人と、5月に伺いたいと早速計画中です。
今から楽しみにしています。
それまでには、もっと珠洲や、能登のことを勉強して伺います。
よろしくお願いしますm(__)m
LJ21 あさだ
2006年01月18日 15:52
わたえさん、ふみえさん、またしてもドタバタのうちに終わってしまいました。ゆっくりお話もできなかったですが、ワークショップのおかげで、少しはお話したような気がします。今年こそ、珠洲をめざしますね。やっぱり本場で味わうのが一番ですもん。
ふみえ
2006年01月18日 21:41
ふるたさんワークショップに参加していただきありがとうございます。
どの椅子に掛けていた方だろうか、当日を思い出しています。珠洲にお出でいただいたらまだまだほかの味も楽しんでいただけると思います。田舎の味、母の味でお迎えしたいと思います。5月のいつかはっきりしていませんが3日から5日はワークショップに参加いただいたから予約が入っておりますので、電話なりいただけたらと思います。あさださん、季節ごとにいろんな食材が楽しめます。いつでもお持ちしています。

この記事へのトラックバック