アフリカの観光行政担当者のかたたちと言葉は交わされずとも

昨日はのとガールズの皆さんがアフリカ各諸国の観光事業に関係する方たち11人と通訳さんほか19名のランチを用意しました。この話をいただいた時は安易にガールズさんたちの一助になればと思いましたが、肩書きをいただいてびっくりです。
画像


アフリカでもアメリカのかた、でも私が作るのは和食です。それも田舎の家庭料理です。
ひろきちの椎茸原木伐採最中の山に行き説明を終え家に来られました
画像


客間のほうでは、日ごろのガールズさんの活動を研修されているようですが、

画像
キッチンはセッチャンと二人ランチに間に合うよう真剣です。食べていただけるかと思いながら並べて食事が始まりました。

ほとんど食べてあります、よかったー。
午後はフミエのこれまでの取り組みをお話しするのですが、その先に菌入れ穴あけ体験をしに納屋へ
能登を元気にするプロジェクトスタッフ日記に紹介されています


通訳さんに気の毒なくらいのフミエのはなしでしたが、質問もありなほちゃんに助けられながら終了。玄関先ではきゃっきゃっ言いながらアフリカガールズアフリカボーイズと記念撮影
画像
画像
スタッフの皆さん富山国際大学さん貴重な体験いただき本当に有難うございました。

この記事へのコメント